原因と対策

原因と対策

EPAが目に潤いを与える!

EPAは、多彩な生理機能を有しています。 その多くは血管や内臓、脳神経で発揮されるものですが、近年は眼科領域でEPAやDHAの機能研究が盛んに行われています。 EPAがドライアイに対する有効性が認められておりますので、原因5項目に該当する方はEPA・DHAを多く含んでいる「さかな暮らしダブル」がお勧めです。
原因と対策

EPAが脂肪を燃やす

この記事は自分に対する「戒め」のために、これからの生活習慣を改めるためにまとめたものです。 もし、わたくしと同じお悩みをお持ちの方がおられればご参考にしていただいても構いません。 まず、結論から言うと、人間ドックの検査数値は徐々に改善の方向に向かっていることを報告します。
原因と対策

青魚の油DHA・EPA3世代に効果があるって!?

EPA・DHAは血液をサラサラにする効果があり、更には脳を活性化する。と聞きます。 子供が摂取したら、我バカ息子が勉強ができるようになるかしら? 結論は、我が家では『お爺さんの物忘れ対策』に『夫の肥満体対策』にそして『息子の脳の働き改善』、3世代で服用しています。
原因と対策

1日たった約84円で健康が保てる!

中性脂肪値が高いと、内臓脂肪がどんどん増え、内臓脂肪型肥満には要注意!生活習慣病や動脈硬化につながる恐れがあります。 中性脂肪値が高くなると、脂肪が溜まり、肥満に、たまった脂肪には「内臓脂肪」と「皮下脂肪」がある。 中性脂肪を下げるには青魚に多く含まれる「EPA」科学的に認められています。
原因と対策

有名タレントも飲用

中性脂肪値が150mg/dl以上の場合、さまざまな病気が疑われるようになります。日本動脈硬化学会による脂質脂肪症の診断基準のひとつにも、150mg/dl以上という中性脂肪値が挙げられています。 EPA・DHA860mgを4週間飲むと、平均で血中中性脂肪が20mg/dl以上も低下したことが、臨床試験で実証されています。
原因と対策

和食文化遺産が肥満を救う!

日本の和食文化が消えつつある中で、肥満が増え、不健康な人が増えつつあるということです。 具体的には和食の中心が健康な生活習慣を築きたいものですが身体に良いとされる青魚の漁獲量が減り、価格が高騰して、食する量が減っています。 健康な体を維持するために、青魚に変わるサプリメントが効果が期待されています。
原因と対策

中性脂肪は肥満をまねく

食べた資質や糖質がエネルギーとして使われ、余った分が体内(肝臓・皮下・血液中)に蓄えられることで、肥満や動脈硬化などkの悪影響を与えます。 ここでは中性脂肪を抑え、健康で長生きできる対策をご提案します。 中性脂肪が高めの方は青魚のEPA・DHAが有効、そのためにはさかな暮らしダブルが効果的です。
原因と対策

血管年齢 どうすれば分かる?

「血管年齢」ってよく聞くけど… どうすれば分かる? 「人間は血管から老いる」などと言われるように、血管を若く保つことは健康寿命を延ばす上でとても大切です。 そもそも高血圧や脂質異常症などの生活習慣病がなぜ問題になるかといえば、動脈硬化を進めるためです。 動脈硬化が進行すると、脳卒中や心筋梗塞で命を落とすリスクが高くなります。
原因と対策

青魚のDHA・EPAは高齢者の記憶力を維持する

若い頃にはなかったのに、50代に入ったあたりから、あれっ!と思うことが増えていませんか? それに日頃から「自分は魚を食べているほうだ」と思っていても、「DHA」「EPA」はあまり摂取できていないかもしれません。 そこで今回は、「DHA」と「EPA」がたっぷりの860mg入った、商品をご紹介します!
原因と対策

運動は死亡リスクを下げる

前日の記事で「ラクナ梗塞と診断されて、1年間取り組んだ」ことを記載しました。 その記事の中で「運動と筋トレ」に効果があったと総括をしました。 毎日30分歩く人と1時間以上歩く人を比較した場合、1時間以上歩く人は、脳の血管が詰まる脳梗塞で死亡するリスクが3割近く減少し 心筋梗塞は2割近く減少するという結果が出ています。