k.kiyoharu

原因と対策

孫と祖父母の脳の働きを良くするDHA

祖父母の認知症の予防と改善、そしてお孫さんの脳と神経の発達に効くのが青魚のDHAです。是非、ご家族で明るい明日を築きましょう。 1日あたり(1000mg程度の摂取で効果が期待できます。 現代の日本人の食生活では半分ほどしか摂れていないため、サプリメントさかな暮らしダブルで補うのが理想的です。
原因と対策

最先端の医学では「白米は体に悪い」が常識だ

ご飯やパン、麺類、お菓子などの炭水化物が中心の食事を摂ると食後に血糖値が急上昇します。 インスリンの働きによって血糖値は下がりますが、必要以上にインスリンが分泌されてしまうと、中性脂肪がどんどん増えてしまう。 青魚の油、DHA・EPAが中性脂肪を抑えて糖尿病などのリスク低下に期待されています。
未分類

転任後に名刺交換したが名前が覚えられない

就任直後から1日に数社・数人を訪問し、ご挨拶をして今後の営業展開のお願いやら様々です。 顧客との取引状況は事前(移動中の車中)でインプットしてからの訪問ですから辻褄は合わせることができていました。 それが3、4週間続くと前にお会いした人の名前も内容も覚えきれず、困っていました。 魚の油DHA・EPAで自信が持てた。
原因と対策

EPA・DHAはダイエット中の方にお勧め

ダイエット中に摂るべき油や、肌の悩みの方にお勧めの食材など、毎日摂りたい栄養素。DHAは「頭の回転を早くする」というのはよく聞きますが、その他の効能についても見逃すことはできません。 積極的にお魚の油、EPA・DHAを摂るようにしましょうね。お魚を食べ愛日はサプリメントで補給しましょう。
原因と対策

高齢者の転ばぬ先の杖

高齢者にとって、足腰が弱くなり外出が出来なることや、物忘れや注意力散漫になって、先々痴呆になるのではないか?などの不安が付き物です。 そんな、ご高齢の方のリスクマネジメント「転ばぬ先の杖」がサプリメントです。詳しく調べてみました。
原因と対策

さかな暮らしダブルでお魚パワーをGET!

青魚の油、オメガ3脂肪酸は人の健康に欠かせない成分ですが、食の欧米化が進むなか、さかな暮らしダブルでお魚パワーをGET!して健康を取り戻しましょう。EPA・DHAには血中中性脂肪を減らす作用、及び中高年の方の加齢に伴い低下する認知機能の一部(記憶力、注意力、判断力、空間認識力)を維持する作用が報告されています。
体験談

人間ドックの受診結果から保健指導

先般の人間ドックの診断結果において、保健指導受ける羽目になりました。 食事のバランスと運動に心掛けているのですが、メタボと診断されました。 原因はお肉主体の食事でお魚が少し少ないとの診断! お魚の少ない分をEPA・DHAサプリで補うことを勧められました。 EPA・DHAサプリと言えば、さかな暮らしダブル!
未分類

回転寿司で心疾患のリスク削減

青魚の油「オメガ3脂肪酸」は中性脂肪を下げることは、知られていますが、魚嫌いの人にとって、お魚の摂取量が少なく、生活習慣病のリスクが高まります。回転ずしで心筋梗塞・脳梗塞などの心疾患のリスクが減ります。 魚はどうも・・・という方には『さかな暮らしダブル』で中性脂肪対策をしましょう!
原因と対策

お肉好きの方は中性脂肪に注意!

肉をたくさん食べるからこそ、魚もしっかり。それには「さかな暮らしダブル」はもってこいだね! 肉の食べ過ぎで病気になりたくないという方は、まずは食物繊維やビタミン、ミネラルを多く含む野菜を食べる量を増やしてみてはいかがでしょうか? 更に血中中性脂肪を低下させる青魚の油の成分EPA・DHAが効果的です。
原因と対策

オメガ3脂肪酸がうつ病に効果!?

オメガ3脂肪酸について調べていたら、次の報告書に出会いました。 本書によれば、オメガ3脂肪酸がうつ病の治療や予防に期待できるようです。 DHA が脳のリン脂質の構成要素になっていることもよく知られている。 ことから、うつ病が心配な方は積極的に取り入れ予防策とされることをお勧めします。