孫と祖父母の脳の働きを良くするDHA

原因と対策

祖父母の認知症の予防と改善、そしてお孫さんの脳と神経の発達に効くのが青魚のDHAです。

是非、ご家族で明るい明日を築きましょう。

 

DHAとは

DHA(英名:Docosahexaenoic Acid)はEPAとともに魚油に多く含まれる脂肪酸で正式名称ドコサヘキサエン酸(ドコサヘキサエノイックアシッド)と呼ばれます。

 

人体では脳や目、中枢神経、心臓、精子、母乳などに多く含まれます。

 

DHAは必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸(以下 オメガ3)のひとつで不飽和脂肪酸に分類されます。

 

オメガ3は魚油(マグロやサバ、サケなどの青魚)や植物油(亜麻仁油やえごま油など)に多く含まれ、生活習慣病を予防すると考えられています。

 

日本で話題になったのは「頭がよくなるDHA」としてメディアに取り上げられたのがきっかけでした。

 

一時の流行ではなく、現在もサプリメントの市場から消えてしまわない理由はその効果の実力が徐々に明らかになっているからです。DHAの研究は健康食品に懐疑的な医療現場や、医学・薬学の研究者たちが行うほど注目されている成分です。

 

DHAの効果、効能

学習能力、記憶力の向上

乳幼児の脳や神経の発達

抗うつ作用

アルツハイマー病発症の抑制

老人性認知症の予防・改善

生活習慣病の予防

ストレスを緩和する効果

運動能力の向上

視力低下の抑制

抗炎症作用

抗アレルギー作用

アトピーの改善

 

DHAが体内に不足すると注意欠陥多動性障害やアルツハイマー病、うつ病になるリスクが高くなります。

※DHAの効果・効能は科学的データが不十分なものも含まれています。

 

青魚のDHAは成長期の乳幼児に良い

脳が作られる段階の子供や神経が発達段階の子供、つまり成長期の乳幼児にはDHAが良いということです。

 

DHAは長い間ヒトでの試験はEPAも含まれた魚油で行われ続けたために、DHAの研究結果として発表されたものがEPAのいわゆる血液サラサラ作用と混同されているものも散見されます。

 

DHAについてヒトについて明確にわかっていることは、ヒトの脳組織にとても豊富に存在する脂質であるということです。

 

すなわち脳が大きくなる時、つまり子供にとってはとても重要なものであると考えられています。

 

大人に対しての研究で純度の高いDHAで行われている研究はここ数年行われるようになってきました。

 

大人に対するDHAの明確な機能については今後の成果を待ちたいところです。

 

以上より、循環器系(血液や血管)の健康維持のために欠かせない、いわゆる血液サラサラ効果が明確なEPAは大人に、脳の構成成分であるDHAは成長期の子供におすすめであるといえます。

 

食生活でEPAを狙ってEPAの多い食品を摂っていればDHAが欠乏することはありませんが、DHAだけを狙って摂っているとEPAが不足する恐れがあります。

 

大人はEPAの多い食品を狙って摂ることでEPA、DHAの両方を満たしておくという摂り方が賢明であるといえるでしょう。

 

DHAの摂り方

DHAは体内で合成できない必須脂肪酸です。食事やサプリメントで摂る必要があります。

 

DHAを含む主な食品

マグロや鯖、鮭などの冷水に住む青魚に多く含まれています。

 

食品で摂る場合の注意点

DHAは熱に弱い成分です。焼き魚や煮魚にするとおよそ2割程度、揚げ物の場合は半分近く栄養分が溶け出してしまいます。効率のよい食べ方はお刺身です。

 

オメガ6のリノール酸はDHAの効果を打ち消してしまいます。リノール酸が多い油はごま油や紅花油、コーン油、ヒマワリ油、大豆油などです。調理の際は違う油を使用しましょう。ドレッシングに使用する場合はオメガ3のα-リノレン酸を多く含むエゴマ油や亜麻仁油を使用するとより効果的です。

 

DHAを含む食品の摂り方

1日あたり1〜2g(1000mg〜2000mg)程度の摂取で効果が期待できます。

現代の日本人の食生活では半分ほどしか摂れていないため、サプリメントで補うのが理想的です。

 

食品に含まれるDHA量

   食  品 DHAの量(mg)
マグロ刺身 5切程度 2000
サバの開き 半分程度 3000
鰹のたたき 6切程度 1000

 

DHAサプリメントの選び方

 

DHAは単体ではなくDHAとEPAとで一緒に摂るのが効果的です。生魚には一緒に含まれており、サプリメントも一緒に配合されている事が多いので特に意識する必要はありません。

DHAサプリメントの選び方3ポイントを紹介します。

 

DHAの配合量をチェック

DHA・EPAの1日の摂取目安は1~2g(1000〜2000mg)で効果が期待できます。

・食品からのRPA・DHAの摂取量

→50代から70代・・・600mg

→20代から40代・・・200mg

・サプリメントからの摂取目標

50代から70代・・・400mg

20代から40代・・・800mg

※2 出典:厚生労働省 日本人の食事摂取基準

酸化防止剤は入っているか

DHAサプリは成分が酸化しやすいことがデメリットです。酸化しやすい性質の為、保管方法は正しく行われているか、製造から摂取までの期間は長過ぎないか、なども大切なポイントになります。

摂取してから体内でも酸化が進んでしまいます。酸化を防ぐためにDHAサプリには酸化防止成分の配合が一般的です。酸化防止剤の有無を確認してから選びましょう。

 

通常価格よりお得に購入

とくとく便は8割の方がご使用されています。

特典1 10%OFF まとめ買いの場合送料無料

・1個の場合2800円(税別)⇒2520円+送料250円

・2個の場合5600円(税別)⇒5040円+送料無料
2ヶ月または3ヶ月毎に2個をお届け!

特典2 いつでもお休み・中止・変更OK

商品が合わなかったら……。

定期購入は安くて便利だけどちょっと心配。

ご安心ください!マイケアのとくとく便には、

「◯回ご購入ください」といった制限は一切ございません。

「1回のみのお届け」でもOK!

お客様のお好きなタイミングで

お休み・ご中止・ご変更が可能です。

※お届け内容やタイミングによってはご対応が難しい場合もございます

 

特典3 注文は手間いらず

とくとく便は、注文の手間なく自動でお届け!

 

ご自分のペースに合わせて続けていただくために、3つの定期お届けコースをご用意しました。

お好みの周期・お届け日で商品が届くので、「うっかり買い忘れてしまいそう…」「毎回注文するのが面倒」という方にもおすすめです。

人間ドックの診断結果から一念発起はコチラ

中性脂肪高めは動脈硬化のもとはコチラ

剣道の試合中に心肺停止事故はコチラ

大相撲の力士はメタボにならないのか?はコチラ

ポッコリお腹の中性脂肪が危険はコチラ

ホームに戻る


コメント