さかな暮らしダブルでお魚パワーをGET!

原因と対策

青魚の油、オメガ3脂肪酸は人の健康に欠かせない成分ですが、食の欧米化が進むなか、EPA・DHAサプリで健康をGETします。

年を重ねるとこんな症状が心配

・物忘れや注意力不足が気になる方

・血中中性脂肪が高めの方

・普段あまり魚食べない方

・運動不足や不規則な生活を見直したい方

 

さかな暮らしダブルの特徴

特徴1 中性脂肪を下げる

年を重ね中高年になると、自分の健康がかなり気になりだします。特に健康診断や血液検査などで指摘を受けてしまうと、将来、動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞などが心配になってきます。

EPA・DHAが血中中性脂肪を低下させる働きを持つことは、世界中の論文で多数報告されています。

上に挙げたグラフは研究の一例で、『さかな暮らしダブル』と同じ配合であるEPA600mg、DHA260mgを含む飲料を4週間摂取した人での血中中性脂肪の変化です。

わずか4週間で、その値が大きく低下しているのが分かります。

EPA・DHAが血中中性脂肪を低下させる仕組みは複雑で、数多くの働きが合わさって成り立っていると言われていますが、その効果と仕組みの解明には世界中の研究者が注目しており、この16年間で公開された論文は1万8千本。そして今なお、多くの研究成果が発表されています。

 

特徴2 記憶力を維持する

若い人には負けない、まだまだ元気だと思っていても、「あの人の名前何だったっけ」「あの書類どこにしまったのかな」と記憶力に自信がなくなってしまうこともあります。

そのようなことが重なることによって、すぐに対策をと焦ってしまう気持ちになります。

年齢を重ねるとともに、誰でも頭の力は衰えます。日々感じるこれらの不安は、加齢により認知機能の一部が低下しているからかもしれません。

 

そこで積極的に摂りたいのが、EPA・DHAです。

EPA・DHAには、中高年の方の、加齢に伴い低下する認知機能の一部(記憶力、注意力、判断力、空間認識力)を維持する作用が報告されています。

 

特徴3 青魚の油に多く含まれるEPA・DHAを贅沢配合

新鮮なマイワシ・カタクチイワシから搾ったEPA・DHAを一日目標量の86%にあたる860mg配合。EPA・DHAはオメガ3脂肪酸に分類され、私たちの健康に欠かせない必須脂肪酸の一つです。

 

『さかな暮らしダブル』に使用しているEPA・DHAは、高度に精製し、海洋由来の有害物質を取り除いています。また、製造ごとに検査を実施し、それらの物質(※)が検出されないことを確認しておりますので、安心してお召し上がりください。

 

製剤時の工場は、「健康食品GMP」「HACCP」「有機JAS」など、安産性に関する厳しい認証を取得しております。

 

日本人のEPA・DHAの摂取状況

EPAやDHAのサプリメントを選ぶ基準として大事なことは、「配合量が多い」ということです。

 

EPAやDHAは、新鮮なお魚に多く含まれている成分ですが、私たち日本人は魚を食べる機会がだんだんと少なくなっています。厚生労働省ではEPAとDHAの1日目安摂取量を1000mgと報告していますが、実際どの年代においても、この目安量に届いている世代はありません。

 

10代から20代の世代であれば、200mg程度に推移しており、30代から40代の世代においても400mgにも遠く及びません。比較的魚の摂取量が多いといわれる50代以上の世代においても、全く届いていない状況なのです。

 

そのような状況を判断すると、サプリメントでEPAとDHAを摂取する場合においては、配合量の多いものを選び、厚生労働省が推奨する1日1000mgを達成できるようにすることが望ましいといえます。

 

今回ご紹介しているさかな暮らしにおいては、EPAとDHAの量を860mg配合しています。この配合量を毎日摂取するのであれば、厚生労働省が推奨する目安量をどの年代においても達成することが可能なのです。

もちろん現在発売されているサプリメントの中では、トップレベルの配合量であるといえます。

 

EPA・DHA 860mg配合

日本人の食生活の欧米化によりお肉が中心になり、「魚不足」が心配されています。『さかな暮らしダブル』はイワシ油由来のEPAとDHAを計860mg配合した【機能性表示食品】です。

物忘れが増えてきた方、高めの血中中性脂肪にお悩みの方、食生活の見直しを考えている方に役立つサプリメントです。

また、注目の健康油クリルオイル(南極オキアミの油)を100mg配合しています。

※記憶力とは、一時的に物事を記憶し、思い出す力のことです。

成分・原材料名:動物油脂(魚油)、クリルオイル(オキアミ抽出物)、コラーゲンペプチド/ゼラチン、グリセリン、L-グルタミン酸、クエン酸

 

嬉しいお声が届いています

 

山崎幸男さん53歳

EPA・DHAの選んだ決め手

中性脂肪対策に期待が持てます

定期検査で中性脂肪を注意されてしまって、でも僕らの世代は簡単に生活をガラッと変えることはできませんよね。

通勤が片道2時間もかかるから、夕食を食べるのは早くても21時過ぎ。

それにお酒の付き合いもだってありますから、

それで、自分に合ったものをって、ネットでいろいろ調べて見つけたのが「さかな暮らしダブル」。

中性脂肪を低下させるEPA・DHAの量がたと比べて多かったのが決め手でした。

朝は1駅歩くようにしているし、毎日忘れずに「さかな暮らしダブル」を飲んでいるから、

次の検査は期待ができるんじゃないかな。

 

千野千佳子さん55歳

私の体を気遣って、夫が選んでくれたこのサプリ

魚な苦手な私にピッタリ。

青魚のあぶらって健康に良いから夫は青魚を食べたりしたけど、私は子供の頃から魚が苦手で・・・。

それで、主人が見つけてきてくれたのが「さかな暮らしダブル」でした。

EPA・DHAが860mgも入っているので「これがいいんじゃないか」って選んでくれたみたい。

これ、魚臭さもなく、飲みやすいのが助かりますよね。

歳を重ねていってから子供たちに迷惑を掛けないためにも、「さかな暮らしダブル」は続けたいなって思っていますよ。

 

濱田枝子68歳、文年70歳

中性脂肪が気になるから

お弁当と一緒に持たせてるの。

主人は仕事で夜明け前に家を出て、お昼ごろにくるので生活リズムが崩れがち。

しかも大の魚嫌いでお肉ばかり食べるから、立派な体型になっちゃってね。

見た目だけなら良いんだけど、中性脂肪ってやっぱり気なるじゃない?

だから弁当と一緒に「さかな暮らしダブル」を持たせるようにしたんです。

「お前が飲めというなら何でも飲むよ」って言ってくれるし、これからも世話を焼くつもりです。

 

通常価格よりお得に購入

とくとく便は8割の方がご使用されています。

特典1 10%OFF まとめ買いの場合送料無料

・1個の場合2800円(税別)⇒2520円+送料250円

・2個の場合5600円(税別)⇒5040円+送料無料
2ヶ月または3ヶ月毎に2個をお届け!

特典2 いつでもお休み・中止・変更OK

商品が合わなかったら……。

定期購入は安くて便利だけどちょっと心配。

ご安心ください!マイケアのとくとく便には、

「◯回ご購入ください」といった制限は一切ございません。

「1回のみのお届け」でもOK!

お客様のお好きなタイミングで

お休み・ご中止・ご変更が可能です。

※お届け内容やタイミングによってはご対応が難しい場合もございます

 

特典3 注文は手間いらず

とくとく便は、注文の手間なく自動でお届け!

 

ご自分のペースに合わせて続けていただくために、3つの定期お届けコースをご用意しました。

お好みの周期・お届け日で商品が届くので、「うっかり買い忘れてしまいそう…」「毎回注文するのが面倒」という方にもおすすめです。

 

特典4 ポイント貯めて豪華賞品が当たる

チラシが同封されてい有すのでお申し込みください。

よくあるご質問

質問 答え
粒が赤いですが、着色料を使用していますか? カプセル、内容物ともに無着色です。赤色は、内容物のクリルオイル(内のアスタキサンチン)由来です。
噛んでも問題ないですか?どんな味ですか? 問題ありません。
噛むと、いくらのような風味があります。ただ噛まずにお飲みいただくのをオススメします。
においはありますか? 高度に精製してありますので、臭いは強くありません。ただし、吸収率を重視した溶けやすいカプセルなので、飲んで30分ほどはゲップをすると少し魚のニオイを感じることがあります
いつ、何粒飲むのですか?
薬と一緒に飲んでも大丈夫ですか?
飲む時間帯に特に決まりはございません。1日6粒を目安に、水などで噛まずにお飲みください。
天然成分を使用していますが、薬剤によっては組み合わせに問題がある場合がございます。疾病のある方、薬を服用している方は、必ず医師、薬剤師にご相談ください。
妊娠中や授乳中の女性、もしくは子どもが飲んでも大丈夫ですか? 平時の健常成人を対象に設計された商品ですので、未成年のお子様や妊娠中・授乳中の方は、お控えください。
もし飲んでしまっても健康を害するものではありませんが、お子様がご飲用される際は、カプセルに喉に詰まらせてしまう可能性がありますので、保護者の方の目の届く範囲でご使用ください。
アレルギーがあっても大丈夫ですか? ゼラチン・甲殻類アレルギーの方は飲用を控えてください。(クリルオイルはエビ、カニには該当しませんが、甲殻類(エビ・カニ)アレルギーのある人は念のため医師または薬剤師に相談してください)
機能性表示食品制度とは何ですか? 2015年4月から始まった食品の健康効果(機能性)を分かりやすく表示できる制度です。安全性と有効性の科学的根拠に関する情報を消費者庁へ届け出、受理されれば企業の責任で機能性を商品に表示することができます。届出が受理された製品については全て消費者庁のサイトに掲出されるので、消費者も安全性や機能性についての根拠が確認できます。

 

さかな暮らしダブルでお魚パワーをGET! はコチラ

高齢者の転ばぬ先の杖はコチラ

EPA・DHAはダイエット中の方にお勧めはコチラ

転任後に名刺交換したが名前が覚えられないはコチラ

最先端の医学では「白米は体に悪い」が常識だはコチラ

ホームに戻る


コメント