お肉好きの方は中性脂肪に注意!

原因と対策

お肉大好き人間!

内容を入力してください。

肉をたくさん食べるからこそ、魚もしっかり。

それには「さかな暮らしダブル」はもってこいだね!

僕は人の何倍もお肉を食べるんじゃないですか。

だからいろいろやっていますよ。

水をたくさん飲んだり、

運動を増やしたり、

体重もココでキープしよう、とか・・・

そうじゃないと、定期健診で引っかかっちゃいますからね。

 

それに僕は青魚が大好きなんだけど、

それでもそう頻繁には食べられないじゃない?

量だって知れていますしね!

でも、体のことを思うとバランス良く食べたいし、

お肉はお肉でタンパク質とか必要な栄養分が有るけど、魚系もしっかり食べなきゃいけない。

 

そういう時に「さかな暮らし」はもってこいですよね。

僕は食事の時に必ず飲むようにしています。

EPA・DHAがこんなに入っているのも、なかなかいんじゃないかな?

これだけ摂るには魚をどれだけ食べればいいんだよ!

ってくらい入っていますからね。

良い栄養を簡単に摂れるって、ベストですよ!

 

お肉大好き人間が心掛けていること!

 

お肉の好きな人の生活習慣病

お肉の食べ過ぎは、肥満や病気の原因になりやすい。ことを心配しているのです。

特の欧米では肉中心の食事がゆえに、生活習慣病に属する心筋梗塞、糖尿病、大腸がん、になりやすいといわれています。

また、通風になりやすいこともよく知られているところです。

 

日本人の特徴

さらに、日本人の腸は、欧米人に比べて1.5~2倍近くの長さがあり、肉食に適していないと言われます。

 

もともと肉食中心の欧米人でさえ、肉中心の食生活が原因で生活習慣病になってしまうくらいですから、肉の食べ過ぎが、われわれ日本人の病気の原因になってしまうとしても、何ら不思議はありません。

 

しかしながら、肉好き(私もですが)の方にとって、肉の食べ過ぎが病気の原因になると聞かされても、いきなり肉を食べる量を減らすことは難しいのではないでしょうか?

 

食事で気を付けること

また、食事に対する見方を変えれば、肉の食べ過ぎというのは、肉以外の食べ物、特に野菜が不足している状態だという方も多いのではないでしょうか?

 

口にするのは、ほとんど肉ばかりのはずの肉食獣でさえ、実は、主な食糧である草食動物の内臓を好んで食べることで、草食動物の内臓にある植物の成分を摂取しています。

 

野菜などの植物に含まれる食物繊維には整腸作用があり、大腸がんの予防に効果があります。

 

また、インスリンの活動を抑える食物繊維には、糖尿病を予防する効果があり、食物繊維を多く摂取する人は心筋梗塞になりにくいというハーバード大学のアンケート結果も発表されています。

 

野菜に含まれるビタミンやミネラルは、食物繊維と同じように、体の調子を整える栄養素として知られています。

 

肉の食べ過ぎで病気になりたくないという方は、まずは食物繊維やビタミン、ミネラルを多く含む野菜を食べる量を増やしてみてはいかがでしょうか?

 

中性脂肪を下げるには

更に血中中性脂肪を低下させる青魚の油の成分EPA・DHAが効果的です。

EPA600mg、DHA260mg、合計860mg高配合!

回転寿司で心疾患のリスク削減はコチラ

人間ドックの受診結果から保健指導はコチラ

さかな暮らしダブルでお魚パワーをGET! はコチラ

高齢者の転ばぬ先の杖はコチラ

EPA・DHAはダイエット中の方にお勧めはコチラ

ホームに戻る


コメント