EPAが脂肪を燃やす

原因と対策

1日600㎎のEPA摂取は中性脂肪値を約20%も下げる!

この記事は自分に対する「戒め」のために、これからの生活習慣を改めるためにまとめたものです。

もし、わたくしと同じお悩みをお持ちの方がおられればご参考にしていただいても構いません。

まず、結論から言うと、人間ドックの検査数値は徐々に改善の方向に向かっていることを報告します。

 

経過報告(概要)

定期健康診断は社会人になってからは毎年定期的に受診しており、社内の規定で40歳からは人間ドックを受診することとなっています。

 

その結果

年齢・身長・体重・肥満度 健康上問題点の項目
43歳 身長167,体重71.0 肥満度15.64 基準値より高い項目 T-BIL、GTP、TG

基準値より低い項目 HDL-コレステロール

50歳 身長166 体重70.9 BMI25.7 基準値より高い項目 総ビリルビン、LAP、γ‐GTP、中性脂肪、2時間後の血糖値

基準値より低い項目 HDL-コレステロール

60歳 身長166 体重73.5 BMI26.7 基準値より高い項目 γ‐GTP、血糖値

基準値より低い項目 HDL-コレステロール、肺活量、聴力

70歳 身長166 体重71.1 BMI25.8 基準値より高い項目 尿酸値、クレアチニン

基準値より低い項目 聴力

 

50~60代はお付き合いの多いい役職からお酒と糖質の多い結果が伺われる。

近年は加齢による目、耳の衰え。

対策

・BMI改善のため筋トレと有酸素運動で、徐々に体重は低下傾向!

・お酒、お肉を控え、お魚と野菜を多め、食事の順番を野菜から!

・尿酸値が高いことから、一時痛風の症状がでたので、現在は薬の服用中!

・腎障害の傾向のため、水分補給に留意

 

肥満・メタボリックシンドロームの改善

 

中性脂肪は活動するためのエネルギー源となる脂肪です。

食事から摂取されるものがほとんどで食生活や運動習慣(エネルギーとして燃やす)によって変動します。

 

暴飲暴食や運動不足によって余ったエネルギーは皮下脂肪や内臓脂肪として体内に蓄積され、その過剰な蓄積は健康を脅かす存在に変わってしまいます。

 

中性脂肪を体内に蓄積しすぎると、肥満やメタボリックシンドロームにつながり、結果として高血圧、脂質異常症、高脂血症や動脈硬化を引き起こし、心臓、血管の病気や糖尿病など、重大な疾患を患う危険度が高くなっていきます。

 

肥満やメタボというとコレステロール値に注意が向きがちですが、中性脂肪値にも注意が必要です。

 

血液中に含まれる中性脂肪は健康診断の血液検査ではTG(トリグリセリド)と表示されている項目になります。

 

健康診断などで指摘されることも多い“脂質異常症”や“高脂血症”に!

 

EPAは、それらの原因の一つである「中性脂肪値」の低下にも効果を発揮します。

 

血中中性脂肪値が120-200mg/dlを中心としたボランティア計101名(男性61名、女性40名)を対象に、EPA含有飲料とオリーブ油配合飲料を対照飲料として無作為に割り付け、12週間飲用してもらい、血中中性脂肪の変化を主評価項目として有効性の検討ならびに安全性の確認を行った。

 

その結果、EPA含有飲料を飲んだグループは血中中性脂肪値が摂取前値に比べ35.3~37.8mg/dl低下した。(低下率は19~20%)また正常値の人が用いても問題なく、安全性も確認された。

 

※血中中性脂肪低下作用には個人差があります。食生活は、主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスをとることが重要です。

 

メタボの原因となる内臓脂肪も減少!

EPAが血中の中性脂肪値を下げることは先ほど述べましたが、血中の中性脂肪値だけでなく、中性脂肪が蓄積された結果の皮下脂肪やメタボリックシンドロームの原因となる内臓脂肪も減少させる効果や傾向が認められています。

 

EPA/AA 比が肥満予防の決め手!

日本人男性への調査で、血中に含まれるEPA(魚系の油)とAA(肉系の油)量を比べて、EPAの比率が高い人には内臓脂肪や肥満が少ないことがわかりました。

 

中性脂肪は、身体にとって必要なもので、食事から摂る必要がある栄養素ですが、多く摂りすぎると内臓脂肪の蓄積につながります。

内臓脂肪がつく前に、中性脂肪値を下げるEPAを日常的に摂取し、肥満予防に努めましょう。

 

EPAと脂肪のメカニズム

動物実験において、EPAは脂質の代謝に関連する遺伝子(SREBP-1c,PPARγなど)に作用し、脂肪を燃焼しやすい体質に変えることが報告されています。

 

まとめ

現状のBMIは0.8多いことで、逆算すると2.3kg体重を落とせば、BMIが25.0を切ることになります。

しっかり、EPAの摂取と運動を実践して、健康長寿80歳を目指します。

 

EPAを効果的に摂取するには「さかな暮らしダブル」がお勧め

 

EPA600mg、DHA260mg、合計860mgと、他のサプリと比べても、圧倒的に多く含まれているのでコスパも最高ですよ!

1日の服用6粒あたりに600mgのEPAを含んでおり、1日当たりの価格も84円イワシの丸干し並みの価格ですよ。

 

お財布にも優しく、身体にも優しい、Wの優しさで内臓脂肪を減らして、健康な毎日を実現しましょう。

 

EPAが目に潤いを与える!はコチラ

魚の油のEPA・DHAが前立腺癌になる!?はコチラ

ADHDに青魚の成分が効果的!はコチラ

花粉症の症状を緩和!青魚の成分DHA・EPAはコチラ

オメガ3脂肪酸がうつ病に効果!? はコチラ

ホームに戻る


コメント