EPAがスポーツにもイイ!って本当!

話題

本当にスポーツに効果があるの?

 

青魚のアブラEPAが血液サラサラに効果があるのは良く知られていることですが、

スポーツにも効果があるって、聞くけど本当かしら?

スポーツにもいろいろあって、種目によって瞬発力が必要なものもあるし、あるいは持久力を必要とするものもあるよね!

 

どちらも、酸素が必要になり、心臓が活発に動かなくてはならないんだろうね。

なんとなく、そんな気がするけど、果たして・・・

 

いろいろ調べた結果!

スポーツには持久力をアップし、最後までバテにくい身体にするためには、血液がスムーズに流れ、抹梢まで酸素を供給させる必要があります。

なぜなら、抹梢まで酸素が行き渡らなければ、からだは酸欠になってしまうからなのです。

 

そのためからだの血液は「ドロドロ血液」ではなく、スムーズに流れる「サラサラ血液」でなければならないのです。

そこで活躍する成分が血液をサラサラにする効果がある「EPA」なのです!

 

EPAの「サラサラ血液」効果が運動効率をUPするだけではなく、心臓への負担軽減や疲労軽減効果をもたらします。

 

また血液中のEPAの比率を上げることで、運動時に発生する炎症物質を抑制したり、脂質代謝を促進して、体脂肪を減少させたりといったさまざまな効果がもたらされるのです。

 

なるほどね!青魚のEPAって凄いんだ!

 

バテない身体を作る

仮に陸上の長距離選手の場合、持久力が足りない!

その結果、後半に失速してタイムがなかなか伸びない悩みがある!

 

これまでは持久力を付けるには練習しかない!

練習をして、持久力を付ける。

ただ、この練習方法は時間の忍耐が必要となる。

バテない身体を作るには苦しい練習を繰り返し、繰り返し続けなければならない。

 

が、EPAを摂取することで、バテない身体にすることも期待できる!

 

その、根拠はEPAの働きで赤血球の形が変わり、滞りがちな毛細血管の流れがスムーズになり。

それに伴って、赤血球と一緒に運ばれる酸素も全身くまなく供給されるようになる。

結果、バテにくい身体が作られる。

って事!素晴らしいよね!

 

陸上の長距離選手において、EPAがタイムをアップするということではないが、持久力を高め、後半の失速を抑えて、結果的に好タイムにつながるということなのですね。

 

では、陸上の高距離選手に限らず、全ての競技に通じることでしょう。

 

仮にサッカー選手でも45分ハーフを前半と後半をほぼ走りっぱなし。

どんな強靭な体の持ち主でも、後半の終了間際では疲れて集中力を欠くシーンを見かける時があります。

 

これもバテ!が原因ですよね!

バテない身体なら集中力をなくすることが無くなりますね。

この情報はすごい情報ですよ!

 

アスリートの方なら、ご自分のことはお判りでしょうから、後半どうも体力が続かなくって!悩まれている方は是非チャレンジしてください!

 

EPAを効果的に摂取するには「さかな暮らしダブル」がお勧め

 

EPA600mg、DHA260mg、合計860mgと、他のサプリと比べても、圧倒的に多く含まれているのでコスパも最高ですよ!

1日の服用6粒あたりに600mgのEPAを含んでおり、1日当たりの価格も84円イワシの丸干し並みの価格ですよ。

 

お財布にも優しく、身体にも優しい、Wの優しさで内臓脂肪を減らして、健康な毎日を実現しましょう。

 

 

EPAが脂肪を燃やすはコチラ

EPAが目に潤いを与える!はコチラ

魚の油のEPA・DHAが前立腺癌になる!?はコチラ

ADHDに青魚の成分が効果的!はコチラ

花粉症の症状を緩和!青魚の成分DHA・EPAはコチラ

ホームに戻る


コメント