有名タレントも飲用

原因と対策

「さかな暮らしダブル」中性脂肪にも期待できるし、飲みやすい!

 

3人の中では一番年上だからさ、やっぱり健康には気をつけなきゃって思っているよ。

ついつい飲みすぎたり、食べ過ぎたりっていうものもあるし色んなものの予備軍・・・

なんえて呼ばれるとさすがにね。

それに血中中性脂肪の数値が昔から高いから、そこも気をつけなかきゃいけないよな。

 

青魚が体に良いっていのは、もちろん色んなところで聞いて知っているんだけど、実は青魚があまり得意じゃなくて・・・

だから、僕にはほんと「さかな暮らし」ピッタリ!

僕の気になる「血中中性脂肪を低下させる」って書いてるし、飲むだけでEPA・DHAが摂れちゃうなんて、凄いよな~。

 

飲むのをわすれないように、食卓に置いているよ。で、朝まとめて6粒飲んでるんだけど。

魚の苦手な人ってどうしてもニオイが気になるでしょう?

でも、「さかな暮らし」は全然気にならなくって飲みやすいな。

 

「さかな暮らし」が何で中性脂肪を下げることができるのか?

 

さかな暮らしダブルは厚労省の推奨するEPA・DHAを1000mgを摂取すとしており、その86%をカバーする860mgを摂取可能なサプリメントです。

 

EPAやDHAなどのn-3系多価不飽和脂肪酸は青魚の脂肪に多く含まれている成分です。

 

n-3系多価不飽和脂肪酸は、摂取量を増やすと冠動脈疾患や脳卒中のみならず、糖尿病、乳がん、大腸がんなどにも予防効果を示す可能性が報告されており、飽和脂肪酸の摂取を抑制するとともに、魚を中心とした食事による不飽和脂肪酸摂取がすすめられます。

 

そうなった時の救いの神が、青魚に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などのn-3系多価不飽和脂肪酸です。

 

EPA・DHA860mgを4週間飲むと、平均で血中中性脂肪が20mg/dl以上も低下したことが、臨床試験で実証されています。

 

中性脂肪値が150mg/dl以上の場合、さまざまな病気が疑われるようになります。日本動脈硬化学会による脂質脂肪症の診断基準のひとつにも、150mg/dl以上という中性脂肪値が挙げられています。

 

中性脂肪が原因でなりやすい病気と治療期間は?

高すぎる中性脂肪値は脂質異常症であり、重大な病気を引き起こしたり、命を落としたりする危険性があります。

 

脳卒中

脳卒中とは、脳の血管がつまる脳梗塞や脳の内部で出血する脳内出血、くも膜下出血などの総称です。

最悪の場合、命を失う危険があり、一命をとりとめても、言語障害や身体の片側の麻痺などの後遺症が出る可能性があります。

脳卒中の診療日数の平均は入院26.6日、外来4.2日です。

 

狭心症・心筋梗塞

冠動脈に動脈硬化が進み、狭心症の発作を起こすことがあります。

血栓が突然、冠動脈の血の流れを止めるのが心筋梗塞です。

心筋梗塞は、最初の発作で3割の人が命を落とすともいわれています。

心筋梗塞の診療日数の平均は入院14.2日、外来4.6日です。

 

腎不全

腎臓の働きが低下し、人工透析が必要になることがあります。

人工透析には、週に3回ほど通院が必要で、1回につき4~5時間も時間を費やすことになります。

 

大動脈瘤

心臓から送られる血液が最初に通る大動脈にこぶができ、突然破裂したり、死に至ることもあります。

 

脂肪肝

肝臓に脂肪が蓄積して、脂肪肝になります。放っておくと肝硬変・肝がんへと進行するリスクがあり、定期的な検査が必要です。

 

糖尿病

高血糖の状態が続いて、合併症を引き起こし、四肢切断や失明に至ったり、人工透析が欠かせなくなる危険性があります。糖尿病の診療日数の平均は入院17.2日、外来4.7日です。

 

中性脂肪の値が20mg/dl低下することができれば、以上の病気リスクが大幅に軽減できるのです。

健康診断で中性脂肪が基準値をオーバーしている方、また食事や運動面でご心配の方は傍目の対策をお勧めします。

 

さかな暮らしダブルのお求め方法

通常価格:2,800円(税別)+送料250円

とくとく便価格(10%割引

1か月毎1袋 2,520円(税別)+ 送料250円

2ヶ月、3ヶ月2袋 5,040円(税別)+送料無料

初回全額返金保証

縛りはありませんので、いつでも休止・解約ができます。

商品のお求めは公式サイトより↓↓



1日たった約84円で健康が保てる! はコチラ

青魚の油が子供の脳を活性化する!?はコチラ

EPAがスポーツにもイイ!って本当!はコチラ

EPAが脂肪を燃やすはコチラ

EPAが目に潤いを与える!はコチラ

ホームに戻る


コメント