中性脂肪は肥満をまねく

原因と対策

そもそも中性脂肪って何?

中性脂肪とは、名前の通り脂肪の一種です。

食べた資質や糖質がエネルギーとして使われ、余った分が体内(肝臓・皮下・血液中)に蓄えられることで、肥満や動脈硬化などkの悪影響を与えます。

ここでは中性脂肪を抑え、健康で長生きできる対策をご提案します。

中性脂肪には、食事中の脂肪が腸で吸収されて血液中に取り入れられた「外因性トリグリセリド」と、一度肝臓に取り込まれた脂肪が再び血液中に分泌された「内因性トリグリセリド」の2通りが存在します。

血液中には、中性脂肪の他に、「コレステロール」「リン脂質」「遊離脂肪酸」の3つの脂肪が存在しますが、このうち、中性脂肪とコレステロールは、動脈硬化の元凶とされています。

それなら体内の中性脂肪はゼロにしたほうがいいのか、というとそうではありません。

なぜなら、中性脂肪は「体内にエネルギーを貯蔵する」という大切な役割を担っているからです。

生命を維持するためのエネルギーとしては主にブドウ糖が利用されますが、中性脂肪はブドウ糖の不足を補う形で利用されるのです。

しかし、エネルギーとして使われなかった中性脂肪は、肝臓や脂肪組織、皮下、血中に蓄えられて、その多くは皮下脂肪になってしまいます。

こうなると、生活習慣病のリスクも高まります。

つまり、中性脂肪は多すぎても少なすぎても好ましくないということです。

 

中性脂肪値が高いとどうなる?

専門書は専門用語が使われ、詳しすぎるので、要約版(図式)で示します。

先ずは概略を頭に入れて、詳しくお読みいただく嬉しい。

 

中性脂肪はわたしたちの身体になくてはならないものですが、肝臓で増えすぎれば脂肪肝につながりますし、皮下組織で増えれば肥満につながります。

また、血液中の中性脂肪が多い状態が続くと、動脈硬化のリスクが高まります。

その他、中性脂肪値が基準値より高い場合は、「脂質異常症」「糖尿病」「ネフローゼ症候群」「膵炎」「甲状腺機能低下症」などを患っている可能性も考えられます。

つまり、中性脂肪値が高いからといって、必ずしも肥満ではないということ。

脂質の多い食べ物やアルコールの過剰摂取以外にも、中性脂肪値が高い原因はあるのです。

たとえば、痩せているのに中性脂肪値が高い場合、食事から摂取した脂肪が血液中に留まりやすい体質であることも考えられます。

「血液中に中性脂肪が多い」状態だと、血液はドロドロと考えられます。そうなると、身体の隅々まできちんと酸素や栄養が運ばれず、老廃物も溜まりやすく、健康面にも美容面にも影響が出てきます。

また、ストレスも中性脂肪値に悪影響を与えるので、ストレスを溜めないように心がけることも大切です。

 

中性脂肪と超悪玉コレステロール

最近、中性脂肪と超悪玉(小型LDL)コレステロールの密接な関係が注目されています。それは中性脂肪の増加によって、小型LDLコレステロールも増えるためです。

その理由は、中性脂肪が増えると脂質代謝に異常が生じやすくなり、それがLDLの小型化をまねくのです。

反対に中性脂肪が減少すると、小型LDLコレステロールが普通のLDLコレステロールに戻ることもわかっています。

このことから、動脈硬化の予防には中性脂肪を増やさない、あるいは減らすことが重視されています。

 

中性脂肪を減らすには? 減らす食事や習慣は?

中性脂肪値は食後に必ず上がりますし、食事に大きな影響を受けます。

そのため、食事内容を見直すことはもちろん、蓄え過ぎたエネルギーを消費するために運動することなども有効です。

 

脂質、糖質は控えめに

食生活改善のポイントとしては、まずは中性脂肪を増やしやすい食べ物を控えめにすることが大切です。

具体的には、バターやクリームなどの乳脂肪分の多いもの、牛肉、豚肉など脂質の多いもの、果物、ハチミツ、ケーキやジュースなど糖質の多いものを減らしましょう。

脂の多い肉などを調理する際には、湯通しして余分な脂を落としたり、電子レンジや蒸し器を活用したりして、油を使わずに調理するのもいいでしょう。

焼いたり炒めたりするなら、少量の油でも調理できるフッ素加工のフライパンを選ぶのも一手です。

調理の工程で、バターやラードなどの動物性油脂を使うのもよくありません。

油脂類を使う場合は、LDL(悪玉)コレステロールを減らしてくれる不飽和脂肪酸を多く含んだ植物油脂などを選ぶようにしましょう。

 

中性脂肪を下げる方法

中性脂肪を下げるには、論理的には非常シンプルで、上記の高める要因を減らせばいいだけです。

・甘いものを控える

・アルコールを一切絶つ

・運動をする

・ストレスを溜めない、解消する

だけです。

ですが、これがそう簡単ではないのです。

お付き合いとか、立場上等々簡単には解消できないことがあるのでしょう。

生活習慣で改善が困難な方へ

そうなった時の救いの神が、青魚に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などのn-3系多価不飽和脂肪酸です。

n-3系多価不飽和脂肪酸は、摂取量を増やすと冠動脈疾患や脳卒中のみならず、糖尿病、乳がん、大腸がんなどにも予防効果を示す可能性が報告されており、飽和脂肪酸の摂取を抑制するとともに、魚を中心とした食事による不飽和脂肪酸摂取がすすめられます。

EPAやDHAなどのn-3系多価不飽和脂肪酸は青魚の脂肪に多く含まれます。

1日に魚を一切れ程度食べるのが良いかもしれません。

海藻・きのこ・野菜などに含まれる食物繊維は糖質や脂質の吸収を抑える働きをします。

食物繊維を十分に摂取しましょう。

食事で困難な場合は

それも困難な方はEPA・DHAを多く含んだサプリメントをお勧めします。

さかな暮らしダブルは厚労省の推奨する1000mgの86%をカバーする860mgを摂取可能なサプリメントです。

 

さかな暮らしダブルのお求め方法

通常価格:2,800円(税別)+送料250円

とくとく便価格(10%割引

1か月毎1袋 2,520円(税別)+ 送料250円

2ヶ月、3ヶ月2袋 5,040円(税別)+送料無料

初回全額返金保証

縛りはありませんので、いつでも休止・解約ができます。

商品のお求めは公式サイトより↓↓



和食文化遺産が肥満を救う!はコチラ

ダチョウ倶楽部のネタ作り対策に!はコチラ

マイケア 中性脂肪が気になる方へはコチラ

築地・豊洲市場への移転後の現状はコチラ

ダチョウ倶楽部 上島竜兵さんも飲用はコチラ

ホームに戻る


コメント