和食文化遺産が肥満を救う!

原因と対策

和食がユネスコの無形文化遺産の登録されたのは平成25年ですが、実はユネスコ無形文化遺産の登録目的は、「絶滅危機に瀕している文化」の保護をすることです。

そして失われつつある日本の伝統的な“和食文化”を再認識が求められたのではないでしょうか。

 

ところが日本の和食文化が消えつつある中で、肥満が増え、不健康な人が増えつつあるということです。

健康な体を維持するために、青魚に変わるサプリメントが効果が期待されています。

この背景には、戦後の日本の急速な経済発展

戦後、日本では、急速な経済発展が進むことにより同時に「食」の洋食化も急速に進み、食を取り囲む生活環境も変化していきました。

そのような状況で、日本の伝統的な和食は、急激に食卓から消えつつあります。

 

例えば、昔は旬の時期しか食べることが出来なかった野菜や果物が、農業技術の発展により通年を通していつでも食べることができるようになりました。

 

また、24時間営業のコンビニやファストフード店などの出店によっていつでも好きなものを食べることができるようになりました。

 

このように、日本人の食生活は大変豊かになりましたが、その一方で、日本の伝統的な和食文化は日常生活から消えていきました。

 

そのため、日本の和食文化をこのまま保護しなければ、失われてしまう恐れがあると考え、ユネスコは無形文化遺産に登録することを判断したのではないでしょうか。

 

健康に良いとされる青魚について

サンマについて

2020年の秋の『サンマ漁』が解禁 昨年以上の不漁予測で今後に不安

日本の秋を代表する食材のサンマですが、ここ数年は価格の高騰が続き、生サンマは高級魚になりつつあります。2020年の状況もは芳しくない状況でした。

 

北海道で小型船によるサンマ棒受網漁も解禁されましたが、棒受網漁は日本におけるサンマ漁の中心となる漁法で、ライトでサンマを網の上に誘導して漁獲するというものです。

 

出船基地はサンマ棒受け漁水揚げ日本一の根室・花咲港を中心に、道東の漁港が多くなっています。この時期の漁場は北太平洋・ロシアの水域が多いのですが、秋の深まりとともに日本近海に近づいてくるといいますが、ほとんど捕れない状況でした。

 

迷走する日本のサンマ漁

今後も秋の味覚であるサンマを楽しむために、できることはないのでしょうか。

一般的に考えれば、他の不漁魚介類への対策と同様に「漁業量の調整」「禁漁」「漁期の短縮」などを行えばよいのではと思いますが、現状はむしろ真逆の方向に進んでいます。

 

記録的な不漁であった2019年ですが、実は小型船の漁が解禁される前に中・大型船による漁が始まっていました。なぜこのようなことが起こったのでしょうか。

 

実は、中国や台湾などのサンマ漁を行う周辺国は日本沖の公海で5~6月にサンマ漁を行っており、日本の漁船がそれに歩調を合わせることができるよう、農林水産省がルールを変更し「通年操業を可能にした」ためだったのです。

 

まいわしについて

まいわしはかつて大衆魚として親しまれ、漁獲量から見ても30数年前までは日本で最も代表的な魚種でした。

漁獲量のピークであった昭和63年には、約450万トンを記録し、当時の日本の総漁獲量の4割を占めていました。ところがその後、まいわしの漁獲量は激減し、平成17年にはわずか約2.8万トンと、ピーク時の1%にも満たない水準になっています。

「イワシの日」が定められた当時のような「大衆魚」の面影はもはやありません。

 

今後の見通しのポイント

夏シラス:前年を上回る。

カタクチイワシ:不漁だった前年を上回るが、平年を下回る。

マイワシ:好漁だった前年を下回る。

 

食料に関する各種データ

食糧需給表

2010年に肉類が魚介類を超えた需給量となり、逆転現象が生じています。

 

一人当たりの生鮮魚介類の購入量の推移

1993年をピークに毎年減少しており、直近ではピーク時の半分になっています。

 

消費者物価指数

2010年を100とした指数では、2018年で既に30%アップとなっています。

これでは、魚を積極的に摂取しろ!と言ってもなかなか困難な状況でね。

 

食文化の改善策

日本の和食文化が消えつつある中で、肥満が増え、不健康な人が増えつつあるということです。

 

厚労省では生活習慣病の発症予防だけではなく、重症化予防も視野に入れ、策定を行った。エネルギーについては、その摂取量と消費量のバランスの維持を示す指標として体格(BMI)を採用し、エネルギー産生栄養素バランスを新たに提示するなど、量だけではなくバランスにも着目した改定となった。

 

具体的には和食の中心である、魚、野菜、大豆(豆腐)、植物油・・・を積極的に摂取して健康な生活習慣を築きたいものです。

ところが身体に良いとされる青魚の漁獲量が減り、価格が高騰して、食する量が減っています。

 

生活習慣病の発症予防し、健康な体を維持するために、青魚に変わるサプリメントが効果が期待されています。

青魚の良いとされる、EPA・DHAを摂取するなら、高含有量の『さかな暮らしダブル』がお勧めです。

 

厚労省が推奨する1日の摂取量1000mg86%を摂取が可能です。

 

さかな暮らしダブルのお求め方法

通常価格:2,800円(税別)+送料250円

とくとく便価格(10%割引

1か月毎1袋 2,520円(税別)+ 送料250円

2ヶ月、3ヶ月2袋 5,040円(税別)+送料無料

初回全額返金保証

縛りはありませんので、いつでも休止・解約ができます。

商品のお求めは公式サイトより↓↓



ダチョウ倶楽部のネタ作り対策に!はコチラ

マイケア 中性脂肪が気になる方へはコチラ

築地・豊洲市場への移転後の現状はコチラ

ダチョウ倶楽部 上島竜兵さんも飲用はコチラ

1日たった約84円で健康が保てる! はコチラ

ホームに戻る


コメント

  1. […] 和食文化資産が肥満を救う! […]