血液型と性格!関係あり?

話題

血液型と性格

血液サラサラにについて研究していると、

つい!一服のつもりで「血液型と性格「について知りたくなった。

『よく、B型だからズボラ、O型だから熱しやすく冷めやすい…』などと言ったものです。

 

血液型と性格には関係があると思っている日本人は意外と多いのではないでしょうか?

 

まじめなアンケート結果を発見!

医師4000人から真面目にアンケートを取って、分析を行った結果、

 

もしかしたら血液型と性格は相関性があるかもしれない。

でも科学的に証明されたわけではない。

血液型占いの内容などが後天的に性格の形成に影響する可能性はある。

ただし仮に血液型と性格に相関があったとしても、誤差の範囲かも!

といった形になります。

 

血液型ごとの性格の違いは、宴会などでも盛り上がる事のできる貴重な話題です。

少なくとも今の時点では、あまり真に受けずに楽しむ程度にするとよいかと思います。“

 

人体のスペシャリストである医師へのアンケート調査の結果

・大いにある・・・  4%
・ある程度ある・・・34%
・おそらくない・・・27%
・まったくない・・・26%
・分からない・・・・ 9%

の中から、自身の考えに近いものを選んで頂いたところ、
「大いにある」「ある程度ある」と回答した医師の合計が38%となり、
4割弱の医師が血液型と性格には相関性があると考えていることが分かりました。

医師の約4割は「血液型と性格に相関性がある」としたものの、5割を超える医師が「関係ない」と回答しました。

紅茶ダイエット・・・糖と脂肪を吸収してダイエット!

突然ですが、みなさんは血液型占いを信じますか?

血液型と性格の関係や、血液型による相性診断など、さまざまな血液型占いがありますが、これらは医学的に信ぴょう性はあるのでしょうか?

・ある程度ある・・・・・・・・・・34%
・おそらくない、まったくない・・・53%

 

遺伝子的に多少関係があったとしてもおかしくありません。

何より特に日本において、「■型は〜〜な人が多い」と言われ続ければ、後天的に刷り込まれる可能性があります。

結果的に、わずかながらでも何らかの相関が生じる可能性は否定できません。

テレビや雑誌、親などを通して聞いた血液型占いの結果から「自分は○型だから△△な性格なんだ」と思いこむことにより、徐々にそういった性格になっていく、と言うものです。

「血液型占いの内容が後天的に刷り込まれる可能性がある」という意見でした。

 

今回のアンケートによってわかったことをまとめると

もしかしたら血液型と性格は相関性があるかもしれない。

でも科学的に証明されたわけではない。

血液型占いの内容などが後天的に性格の形成に影響する可能性はある。

ただし仮に血液型と性格に相関があったとしても、誤差の範囲かも

といった形になります。

 

血液型ごとの性格の違いは、宴会などでも盛り上がる事のできる貴重な話題です。

少なくとも今の時点では、あまり真に受けずに楽しむ程度にするとよいかと思います。

 

血液型と性格は関係ないことが判明したのに、でも信じてしまうのはなぜ?

血液型占いとコールド・リーディング

血液型の話をしたり書籍を読むと、血液型占いは合っているような感覚に陥る。

例えば、「A型だから、几帳面なんだね」といわれると「確かに」と思ってしまう。

 

これはなぜだろうか?

このなんとなくあっているように思うのは、コールド・リーディングと呼ばれる技術によるものである。

「あなたは周りから明るい性格だといわれることがありますが、実は寂しがり屋な側面もあります。

大人数でいることを好みますが、一人でいることも嫌いではありません。

あなたは几帳面な一面がありますが、時に大胆に行動します。

それが原因で周りを傷つけたり、失敗することがあります……」

と言われたら、つい合っていると思ってしまうだろう。

 

なぜなら、これらの文面は誰にでも当てはまるからである(明日は雨が降るか、降らないかのどちらかである、と同様)。

 

このような技術はコールド・リーディングと呼ばれるもので、占い師はもちろんのことマジシャンなどでも利用されている。

コールド・リーディングを使って相手の信用を勝ち取り、相手を思いのままに操作するのである。

 

そして、先の医師団の提言である「後天的に性格の形成に影響する」ということで、信じてしまい、そうなってしまうからでもあります。

EPA・DHAサプリメント「さかな暮らし」で血液サラサラ!

チョット一服でした。

 

高齢者の記憶力と食事はコチラ

血管年齢 どうすれば分かる?はコチラ

高齢者の物忘れ点検はコチラ

中性脂肪は肥満をまねくはコチラ

和食文化遺産が肥満を救う!はコチラ

ホームに戻る


コメント