ストレートの紅茶で糖と脂肪を吸収

原因と対策

紅茶の驚きの効果

紅茶には茶葉を発酵する過程でできる紅茶ポリフェノールという成分がある。

このポリフェノール作用して、糖と脂肪を吸収してダイエット効果が期待できる。

高いサプリメントなどを利用するより、コスパ最高かも・・・

・血糖値(空腹時100以上)の方

・中性脂肪150以上の方

・お腹周り(男性85cm、女性90cm)以上の方

是非、取り組むべきです。

 

どのような効果なのか

炭水化物に含まれるデンプンは糖に分解されて体内に吸収されるが、

紅茶ポリフェノールにはその分解と吸収を抑制する効果がある。

脂肪分の分解も抑制することも最近分かってきた。

まとめ

・カフェインが「今ある脂肪」に働きかける!

・紅茶ポリフェノールが「これからつく脂肪」徹底的に予防!

・カフェインとポリフェノールWの力で、効果的にスリムを目指せる!

ラットでの実験結果では

高脂肪食を摂ると、血液中にコレステロールや中性脂肪が増えるが、

そこに紅茶ポリフェノールをあわせると濃度が低くなる。

 

その他の紅茶ポリフェノール効能

寒さが本格化するこの時期に気になるのが、「冬太りや肌荒れ」、「インフルエンザ」があります。

紅茶にはカフェインが含まれていますが、実はそのカフェインに「脂肪燃焼効果」が期待できるというのです。

紅茶ポリフェノールにはダイエットに役立つ効果があるほかに、インフルエンザウイルスを無力化することが分かった。

 

紅茶の新常識を学ぶ

糖と脂肪の吸収を抑えてダイエット効果を高めるためにはストレートに限る。

ダイエット効果が期待できる飲むタイミングは「食間・食後」がベスト。

アイスかホットかについてはどちらも効果は同様ですが、痩せやすさからではホットです。

「体を温め新陳代謝や基礎代謝がアップする。」

1日の目安は3~4杯。

個人の体質などにもよりますが、世界保健機関(WHO)ではカフェインの過剰摂取に注意を促しており、健康な成人で1日に400mgまでのカフェイン摂取が望ましいと発表しています。

妊娠中の女性やお子さんはカフェインレスが良い。

 

インフルエンザへの効能理論

インフルエンザウイルスは表面にスパイクというたんぱく質でできたトゲを持っている。

そのトゲで喉や鼻などの呼吸器粘膜に取りついて体内に侵入し、様々な症状を引き起こす。

しかし試験管内での実験では、このスパイクに紅茶ポリフェノールが付着すると、無力化され、ウイルスが呼吸器粘膜の細胞に取りつく力がなくなる事が分かった。」

紅茶ポリフェノールはミルクの成分で機能しなくなるので、ストレートティーかレモンティーがオススメ。とした。

 

日東紅茶を販売している三井農林が行った実験では、紅茶のインフルエンザウイルスの感染阻止率は99.96%。無力化の時間は15秒。

また、「血圧を下げる」「発がんリスクを抑える」「肌の老化を抑制する」などといった幅広い効果も期待!

 

補足

ダイエット、糖や中性脂肪を落とすには、こまめな運動を取り入れると更に効果が出ます。

こまめに!とは従来の考え方では有酸素運動を20分続けないと脂肪は燃焼しない。という考え方が主流でしたが、最近では5分の運動を4回に分けても良い。としています。

中性脂肪を抑えるにはEPA・DHAを多く含むさかな暮らしダブルが効果的ですよ。

冬の手肌のトラブルはコチラ

中性脂肪高めの人の共通点はコチラ

EPA・DHAサプリ人気NO.1はおかしい?はコチラ

なんだか最近、記憶力や注意力が弱って怖い!はコチラ

血管が詰まると危険!はコチラ

ホームに戻る


コメント