大相撲の力士はメタボにならないのか?

原因と対策

大相撲の力士の脂肪量の調査

力士のお腹をCTスキャンして、脂肪の分布が検討されていました。

相撲取りが入れるCTスキャンがなくて、苦労していたようです。

強い力士は皮下脂肪が多く、内臓脂肪が少ない

という、結果で極めて健康であることが解りました。

ですが、中には内臓脂肪が多く糖尿病予備軍の力士もいました

測定結果

位の高い力士は、内臓脂肪が少なく、皮下脂肪が多い。

位の低い力士は、内臓脂肪が多く、皮下脂肪は少ない。

その関係性は、綺麗に一直線上に並んでいました。

単純化すれば、内臓脂肪=悪玉、皮下脂肪=善玉となります。

 

古代から美女の象徴とは、大きなお尻でした。

それは皮下脂肪の象徴でもありました。

お腹が大きいのはダメ、お尻が大きいのは丸、なのです。

 

ウルフ(千代の富士)や、貴乃花を思い出すとすごい筋肉でした。

彼らの内臓脂肪は相対的に少なく、皮下脂肪が多かったのです。

筋肉を多くして、内臓脂肪を減らすことが大切です。

 

具体的な力士の実態

横綱武蔵丸

角界で身長、体重とも最も大きな力士で体重225.5kg、身長191.0cm、BMI61.8です。

大関小錦

身長183cm、体重274kgと肥ってはいても内臓脂肪は常に20台と言われています。

 

幕内力士の体脂肪率をみると平均23.5%といわれるから驚きです。

この数字を現代の若者の体脂肪率と比べるとずっと低いと言えます。

これらのことから力士の肥満は生活習慣病を引き起こす内臓脂肪型ではないのです。

 

なぜ、力士は内臓脂肪型ではないのか

力士の日常生活

7時起床
・朝食抜きで午前中に11時までびっしり稽古
・12時に朝食兼昼食のちゃんこ鍋
・13時から14時まで昼寝します。
・14時から18時ばで各自の自主トレーニング(筋肉トレーニング)に励み
・18時から20時30分までに夕食
・20時30分以降は自由時間
・22時に就寝

一日の食事摂取量は7000から8000カロリーといわれています。

これを2食でとりますから、一食で一般糖尿病患者さんの二日分をとることになります。

さらには昼1時間の睡眠をとりますからこれで太らないわけはないのです。

 

力士でも太りすぎはよくない

太っていて得をするのは力士だけと言われます。

力士はある程度体重がないと強くなれないからです。

それゆえ、力士は動きが悪くならない範囲で体重をふやすように努力しないといけません。

相撲をとるには必要な体重であっても、急激な体重増加は健康面から見てみると肥満の害が出てきます。

現役力士の中には、糖尿病や高尿酸血症(痛風)、高脂血症などを持っている人が少なくありません。

それが将来、動脈硬化をすすめて狭心症や心筋梗塞、脳卒中などを引き起こす原因となります。

ですから力士も引退したあとは、逆に今度は減量のために努力することになるのです。

肥満というのは、生活習慣病をすすめる重要な原因になっています。

 

一般の人たちの死亡統計を見ても、死亡原因を正常体重の人と肥満者について比較すると、すべてに肥満者が高く、唯一低いのは自殺だけという結果が出ています。

 

どうして肥満は健康によくないのか?

(1)血圧を上昇させ、高血圧を引き起こし、悪化させます。

(2)血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールを増加させ、それが血管壁に沈着して動脈硬化を進行させます。

(3)動脈硬化がすすむと、狭心症、心筋梗塞、脳卒中、ボケなどの原因になります。

(4)糖尿病の重要な原因であり、たとえ糖尿病素因のある人でも、太らなければ発病は予防できます。

(5)高尿酸血症を起こしやすくなります。これは痛風の原因となる他、動脈硬化を促進します。

(6)ガンになる人も多く、とくに男性では大腸ガンと前立腺ガン、女性では乳ガン、子宮体ガン、卵巣ガンが肥満者に多いと言われます。

(7)肝臓に脂肪がたまる脂肪肝や、胆石症、膵臓炎も肥満者に多く見られます。

(8)重い体重を支えるために、骨や関節をいため、腰痛、膝痛、脚痛などを起こします。

(9)転んだり、階段から落ちたりしてケガをしたり、また交通事故を起こすことも多く、死亡統計を見ると、事故死も肥満者に多いという結果が出ています。

 

理想的な体重とは?

いろいろな研究調査によると、標準体重ないしはそれ以下の痩せている人よりも、やや太りぎみの人が病気も少なく長生きであるとされています。

しかし、標準体重を20%以上も超えると、糖尿病、高血圧、高脂血症、虚血性心臓病、脳卒中などの生活習慣病がぐんと多くなり、死亡率も高くなります。

では、理想的な体重はどれくらいでしょうか。

医学的には、体重が標準体重より10%以上になった場合を軽度の肥満、20%を超える場合を肥満としています。

標準体重の算出法にはいろいろありますが、一般的にはブロカ法の桂変法がよく用いられます。

最近はBMI指数という肥満判定法も使われます。テレビCMにも登場する体脂肪計で測っても結構です。

理想的には、標準体重の10%以内、BMI指数では24以内で、やや太りぎみがよいのです。

もし、それを超えていたら、ぜひ減量を心がけてください。肥満それ自体は生活習慣病ではありませんが、生活習慣病の重要な原因になるからです。

 

【肥満度の算出法】

(1) ブロカ法の桂変法

標準体重=(身長cm-100)×0.9

肥満度=(体重-標準体重)÷標準体重×100

判定….0以上10未満は「正常」、10以上20未満は「やや肥満」、20以上は「肥満」、マイナスは「痩せ」

 

(2) BMI指数(ボディ・マス・インデックス

BMI指数=体重kg÷(身長m×身長m)

判定….20以上24未満は「正常」(22が標準体重)、24以上26.5未満は「やや肥満」、26.5以上は「肥満」、20未満は「痩せ」

 

メタボリックシンドロームの診断基準

1.腹部肥満

ウエスト周囲径    男性 ≥ 85cm 女性 ≥ 90cm

 

2.中性脂肪値

HDLコレステロール値 150mg/dl以上

HDLコレステロール値 40mg/dl未満

(いずれか、または両方)

 

3.血圧

収縮期血圧(最高血圧) 130mmHg以上

拡張期血圧(最低血圧)  85mmHg以上

(いずれか、または両方)

 

4.血糖値

空腹時血糖値 110mg/dl以上

我々、一般人は力士のようなハードな稽古はできないので、メタボと診断された方、また、心当たりのある人は手軽に中性脂肪を落とす方法をご紹介します。

それは、EPA・DHAを手軽に摂取できる「さかな暮らしダブル」でず。

厚労省が推奨する1000mgの約86%が手軽に摂取できます。

 

さかな暮らしダブルのお求め方法

通常価格:2,800円(税別)+送料250円

とくとく便価格(10%割引

1か月毎1袋 2,520円(税別)+ 送料250円

2ヶ月、3ヶ月2袋 5,040円(税別)+送料無料

初回全額返金保証

縛りはありませんので、いつでも休止・解約ができます。

商品のお求めは公式サイトより↓↓



ポッコリお腹の中性脂肪が危険はコチラ

中性脂肪は放っておくと危険!はコチラ

物忘れ対策にさかな暮らしダブルはコチラ

いい肥満とわるい肥満の差はコチラ

ストレートの紅茶で糖と脂肪を吸収はコチラ

ホームに戻る


コメント