2021-01

原因と対策

中性脂肪は放っておくと危険!

人間ドックや健康診断で「中性脂肪」が基準値をオーバーしても、特に自覚症状はありません。 ですので、ついつい放置しがちになります。 ですが、放置すると動脈硬化など体にさまざまな悪影響を及ぼします。 そこで、最も効果的で、誰でも簡単にできるスロースクワットを紹介します。
原因と対策

ポッコリお腹の中性脂肪が危険

チョット太めの私の悩みは 消費エネルギーより摂取エネルギーが多いことで、余ったエネルギー中性脂肪となって、体内に蓄積される。これが、内臓脂肪となるのですよ。 それが、チョット太めの原因とか、溜まった脂肪を燃焼するには運動!でも苦手な方に良い方法があります。
原因と対策

大相撲の力士はメタボにならないのか?

大相撲の力士はメタボにならないのか?力士のお腹をCTスキャンして、脂肪の分布が検討されていました。 相撲取りが入れるCTスキャンがなくて、苦労していたようです。 強い力士は皮下脂肪が多く、内臓脂肪が少ない。 という、結果で極めて健康であることが解りました。 ですが、中には内臓脂肪が多く糖尿病予備軍の力士もいました。
体験談

剣道の試合中に心肺停止事故

県体育大会剣道競技の試合中に突然生じた心肺停止の事故発生! だが、適切な緊急措置と幸運に恵まれ事なきを得た、事実を紹介! 更に、事故を予防する方法が中性脂肪を減らすことだったんです。
原因と対策

中性脂肪高めは動脈硬化のもと

健康診断で引っかかったことで、初めて中性脂肪値が高かったことに気づく人も多いと言います。 お酒を止め、禁煙をして、運動を行い、青魚中心の食事に気を付けれが中性脂肪は下がります。 でも、実施できない方のために、手っ取り早くEPA・DHAを摂取して、コ中性脂肪のコントロールを行いましょう。
体験談

人間ドックの診断結果から一念発起

昨年秋に受診した人間ドックでは脂質系が基準値越え! えっ!まさか? やっぱり!と思ったり。心中穏やかではありません。 血中脂肪が高く、血がドロドロだとある日いきなり血管が切れたり、ドロドロが詰まったりすることで倒れるというから、 本当にヤバいことになるかもと、心に決めて、対策にチャレンジしました。